メニュー 閉じる

国際交流推進事業

はじめに

Adovoの目的や活動がまだ曖昧で、きちんと定まっていなかった令和3年4月。

「とりあえず、やってみよう!」の一言で始めた企画。

それが国際交流会です。

それ以来、Adovoは毎月国際交流会を開催してきました。

今まで参加してくれた人たちの数は合わせて200名

真面目な話題をもとにディスカッションするだけでなく、ゲームなどのレクリエーションを通して、相手の文化や言語を知ってもらいたいという気持ちで活動しています。

遠く離れた人とでも、オンラインでつながれる。

​「地球を感じる」を掲げて、私たちは国際交流会を開催しています。

​国際交流推進事業の内容

国際交流推進事業は、Adovoの根幹でもある「ともいき社会」を創ることを目的として行っている活動です。

互いを知ることで、世界を知る。互いを知ることで、偏見や差別がなくなる。

そう信じて、地道ですが、楽しく活動しています。

本事業は以下を行います。

国際交流会の開催

世界各国(今までの参加国は30カ国)から集まった参加者たちが、ディスカッション・ゲームなどを通じて、意見・文化・言語・考え方などを交換します。

ディスカッションでは「あなたの国に『外国人差別』はある?」などを話し合い、今後自分が自分の国で生きていく上での生き方や外国人への接し方を学びます。

グローバルコミュニティの作成

もとは国際交流会の参加者が提案してくれたものです。

世界約30カ国、合計で230名が集まるコミュニティグループを運営しています。

​イベントの告知だけでなく、コミュニティ内の人が自主的に映画視聴会やゲーム大会を行ったり、頻繁に交流が行われています。

事業について

本法人が、東京都に提出している「事業計画書」には、この事業を

「国内外の外国人と日本人のオンライン交流会を開催する。レクリエーションや言語交換を行う。」

と定義しています。

また、事業費は約2万円。

Zoomなどのサブスクリプション、コミュニティグループの使用料金に充てています。

受益対象者を900名と設定しています。

受益対象者に関しては、今後一年事業を行っていく中で、参加者が増えることを期待した数で設定しています。

本事業には、本法人グローバル部国際交流会班が当たり、当班に配置する従業員の数は8名です。

​(グローバル部国際交流会班班長)