メニュー 閉じる

日本語の先生募集中!

NPO法人Adovoが運営する日本語教室「じゃぱぼ」では、日本語を教える先生を募集しています!

中高生から大学生、社会人の方まで世代を問わずお申込みをお待ちしています。

じゃぱぼについて

日本語教室「じゃぱぼ」は、日本で働く外国人の方々に無料で日本語を教えているサービスです。

オンライン型・出張型の二つがあり、オンライン型はマンツーマン(Zoom)で行い、出張型は複数の先生が対面形式で複数の生徒に教えるという形式をとっています。オンライン型の授業は週に一回、出張型の授業は人数に合わせて臨機応変に変わっています。

技能実習生をはじめとして外国人労働者の中には、若者も大勢います。
高校生が主となって運営しているからこそ、ゲームや映画、音楽などで盛り上がることも多々あります。また、年代が近いからこその安心感・親近感もあるのではないでしょうか。

じゃぱぼでは、K-NET株式会社様からお貸しいただいているeラーニングシステムや教室独自で作成している教材などを使用して、日本語能力試験(JLPT)のN3~N5レベルまでの授業を実施しています。
毎週一回の授業で宿題を出し、eラーニングシステム上で生徒がそれを解き、次の授業ではその復習を行うという形式をとっています。

先生になるために必要なもの・こと

  1. マイク・カメラ付きのPC
    当教室はZoomやeラーニングシステムを使用しています。そのためスマホなどでは教室を行うことは難しく、カメラ・マイクがついたPCが必要です。※OSは問いません
    また、じゃぱぼのミーティングが毎週土曜日の20時30分から行われます。各々が担当している生徒の状況の報告や、悩みなどを解決するためのもので参加しなければなりません。
  2. ZoomとMicrosoft Teams(その他Zalo、LINE、Facebook Messengerなどのアプリ)
    当教室はZoomで実施していますが、じゃぱぼのミーティングはMicrosoft Teamsで実施しているため、これらのアプリが使えるようにしておく必要があります。どちらもGoogle ChromeやSafari,Microsoft Edgeなどのブラウザから確認することも可能です。
    また、生徒との日程調整や宿題などのコミュニケーションのために連絡先を交換する必要があります。そのため加入後に指示を受けて、インストールしなければならないアプリがあります。
  3. 必ず空いている時間
    当教室はオンライン型も出張型も、生徒や企業の方々に指定してもらった時間に定期的に行っています。
    そのため、体調不良などの仕方のない理由を除いて基本的に必ずその時間に教室をしなければいけません。
    用事がない、空いている時間を2時間程度確保しておく必要があります。
  4. 作業する時間
    教えるだけが先生ではありません。教材を作成したり、カリキュラムを作成したり、ミーティングでの報告書などを作成しなければなりません。
    ランダムでも構いませんので、週に3~4時間は空いている時間が必要です。

※当教室で先生をする上で必要なソフトウェアの内ライセンスが必要なもの(Microsoft OfficeやZoom)はNPO法人Adovoがお貸し出しいたします。
※当教室の実施のために作成していただいた教材やデザインなどの著作権はNPO法人Adovoに属します。

先生になるまでの流れ

  1. 下にあるフォームから日本語教師に申し込んでください。
    また、もし教師だけでなくNPO法人Adovoのメンバーになりたいということであれば、こちらのページから団体メンバーの申込みが可能です。
  2. 当教室のチーフ(もしくはサブチーフ)との面談がオンラインであります。
  3. 面談が終わると、Microsoft Teamsに招待されます。

面談が終わったら、すぐ先生!というわけではありません。「やさしい日本語」などを身に付け後、すでに行われている教室にアシスタントとして参加します。

2週間以上、アシスタントとして日本語教室をすると、先生として担当の生徒を持つことができるようになります。

参加フォーム

    お誕生日(必須)

    ご年齢(必須)

    お住まいの都道府県(必須)
    海外にお住まいの場合は「その他」をお選びください

    性別(任意)

    当教室でしたいこと、成し遂げたいことなどを教えてください(必須)

    なぜ当教室に参加をしたいのかを教えてください(必須)

    日本語教室事業

    日本語教室の詳細についてはこちらのサイトをご覧ください。

    はじめに

    ​Adovoは、その主な活動の方法を、「研究」と「啓発」としています。

    でも、実際に困っている人は、今、います。

    いくら私たちが素晴らしい研究活動や、人の心を動かす啓発ができたとしても、その人は救われません。

    私たちがすこしでも、困っている人たちの役に立てるようなことはないか。

    学生だから保護もできない、法律相談もできない、資金援助もできません。

    そんな中、私たちが見出したのが日本語教室の開催です。

    高校生の中には、将来「日本語教師」という職業を目指す人が意外といます。

    そんな高校生と、外国人労働者(主には技能実習生)を結びつける。

    双方にメリットがある事業と思っています。

    ​​

    事業の内容

    日本語教育促進並びにその研究に係る事業(以下、日本語教室事業)は、特定非営利活動法に定められた特定非営利活動の内の「社会教育の推進を図る活動」「職業の能力の開発または雇用機会の拡充を支援する活動」に当たります。

    そのため、日本語教室で主に教えるのは、報連相など、技能実習生等外国人労働者が日本で働く上で必須のスキルです。

    そのため、一般の日本語の教科書だけではなく、ベトナムの送り出し機関等から研修用の教科書を借りたりして、より実践的な日本語を教えていけるように意識しています。​

    日本語教室事業には以下の活動が含まれます。

    ・日本語教室の開催

    マンツーマンで​、日本語を教えます。​

    「ボランティア」だからこそ、無償で、長い時間、一人に集中でき、より質が高く理解しやすい環境だと自負できます。

    また、一対一の環境で、日本人と深く交流し会話に慣れることや、日本の文化を最先端で知っている高校生・大学生から日本のことをもっと知ってもらえます。

    また、講師は必ず専門の日本語教師の方の講義を一時間聞くことを義務としており、課題や授業に関しても質の高いものが提供できています。。

    ・日本語交流会の開催

    「マンツーマンが少し嫌だ、、」

    「みんなと一緒に学びたい」

    そんな人のために作りました。

    国際交流会のように、日本語を学びたい人たちを国内外の世界各国から集めます。

    ​皆で一緒に日本語を勉強することで、より楽しく学べます。

    写真は実際に「小さい」という形容詞を皆で学習している様子です。

    事業について

    本法人が、東京都に提出している「事業計画書」には、この事業を

    「技能実習生を中心とした国内外の外国人を対象とした完全無償の日本語教室を開催する。」

    としています

    事業費は約2万円。

    Zoomなどのサブスクリプション、教科書、eラーニングシステム等の使用料金に充てています。

    受益対象者は80名と設定しています。

    未だ広報方法や常連の参加者が確定しておらず、まだ曖昧な部分が数多くあるためです。

    本事業には、本法人グローバル部日本語教室班および日本語交流会班が当たり、両班に配置する従業員の数は合わせて5名です。

    (日本語教室の講師に関しては外部からも募集し、外部からの講師は法人上の活動会員として従事するため、計上しませんでした)

    (グローバル部日本語教室班班長​)