メニュー 閉じる

ソーシャルメディアガイドライン

導入の目的

近年、TwitterやInstagram、Facebookなどのソーシャルメディアが普及し、その重要性が高まっています。特定非営利活動法人Adovoでも、ソーシャルメディアを活用し、団体内外の関係強化、さらには弊団体のような学生主体活動の知見を広める友好的な手段であるととらえ、活用していきたいと考えております。

一方で、近年では、軽率な投稿が社会に対し多大な影響を及ぼした事例も後を絶ちません。リスク対策を行わなければ、私たちの団体の信頼も大きく損なわれてしまう恐れがあります。

このため、Adovo内の全メンバーに向けた「ソーシャルメディアガイドライン」を策定しました。Adovoでは、ソーシャルメディアを利用するときにはこのガイドラインを常に意識して、自律性や一貫性を持った発信行動ができるものと考えています。

ソーシャルメディアの定義

InstagramやFacebook、Twitter、ブログ、電子掲示板、YouTubeなどの動画サイト等に代表される、インターネットを利用して、ユーザーが情報を発信し、あるいは相互に情報をやり取りして情報が形成されるメディアを言います。

適用範囲

このソーシャルメディアガイドラインは、Adovoの業務にかかわるすべての人に対し適用されます。

適用対象者がソーシャルメディアを利用し、Adovoや、その他学生が主体となった活動に関することを記載する際には確認して、行動しなければなりません。

ソーシャルメディア利用に関するガイドライン

1.法令及び法人内ルールの遵守

ソーシャルメディアで情報発信をする際は、法令(著作権、肖像権、商標権など)、また法人内のルール(定款など)を守る。

2.メディア特性の理解

ソーシャルメディア上では、匿名性は保証されず、発信者の個人情報が特定される可能性があることを意識すること。

また、ソーシャルメディア上に発信した情報には世界中の誰もがアクセスできること、1度でもネットワーク上に公開された情報は完全には削除できないことを理解すること。

3.情報を発信する際の姿勢

Adovoに関連した事柄について情報発信をする際には、発言者の身元(氏名、必要に応じて団体内での立場など)を明らかにする。発言した内容については、自分の個人的見解でありAdovoの意見を代弁するものではないことを明確にすること。私たちのソーシャルメディアでの発言が、常にAdovo全体の評価につながる。

また、外部からのメッセージは常に共感的な態度で受け止め、誠実に対応する。Adovoに対して否定的な投稿を見つけたときは、必ず事務局広報班長に報告し、独断で反論しないこと。

4.次のような情報は発信しない。
  1. 不敬な言い方を含む情報
  2. 人種、思想、信条等の差別、または差別を助長させる情報
  3. 違法行為又は違法行為を煽る情報
  4. 単なるうわさや噂を助長させる情報
  5. 猥褻な内容を含むサイトへのリンク
  6. その他公序良俗に反する一切の情報
5.権利侵害行為の禁止

Adovoや、その関係者、第三者に対する権利の侵害や、違法性のある情報の発信を行わないこと。

プライバシーの保護に十分気を付けること。

6.守秘義務の遵守

団体内外の秘密情報を公開しない。(個人情報についても同じ。)

Adovoに関する情報で開示できるのは、弊団体公式ホームページおよびブログ、Pandoに掲載されている情報のみとする。

このほか、Microsoft Teamsの承認機能を用いて、弊団体事務局広報班長、代表が認めたものも公開することができる。

外部の団体に関わる情報は、必ずその団体の許可を得てから発信する。

ソーシャルメディアユーザーの皆様へ

弊社メンバーがソーシャルメディアで発信される内容、ないし弊団体についての掲載情報については公式アカウントでの発言も含め、必ずしもすべて弊団体の公式発表・見解を表すものではありません。

正式な発表に関しては弊団体公式ホームページなどで情報発信しております。

本ソーシャルメディアガイドラインは予告なく変更される場合があります。

2022年4月1日 最終改訂

特定非営利活動法人Adovo 事務局広報班